第8回公演「遠花火一瞬燃ゆるおもひあり」

第8回公演「遠花火一瞬燃ゆるおもひあり」

けんみん文化祭ひろしま’04

平成16年11月26・27日 しまなみ交流館

 

「緑の地平線」が朝日新聞の懸賞小説に当選し世に出たのが今から70年前。

尾道生まれ尾道育ちの「横山美智子」は17歳で文学を志し上京。

雑誌「金の船」に掲載された童謡は現在も歌い継がれている。

大正~昭和のこの時代に特に幼児教育に視点をおいた横山美智子の人間観は、

現在の私達が大切に考えなくてはならないテ−マだと語りかけています。

日本の文化の大切な1ペ−ジを支えた人「横山美智子」の感性が育まれたのはここ尾道なのです。

 

雑誌「金の船」に掲載された童謡は、今も私達の心に息づいています。

昭和18年に作られた「くもとチュウリップ」のアニメは日本動画史において原点となる作品でした。

 

大正、昭和というこの時代、特に幼児教育に視点をおいた人間観は、

現在生活している私達が大切に考えなくてはならないテ−マだと語りかけています。

晩年、病床のベッドから「勉強しましょうね。世の中の役に立つ人間になる為学びましょう。」と言い続けた美智子。

この心は三人のお子さんがそれぞれ、イギリス文学者、画家、バレリ−ナとしての道を歩き

、人間「横山美智子」をしっかりと受け継がれている事です。

この芝居は三女はるひがバレリーナとなる葛藤を描いています。

劇中のバレエのシ−ンはアメリカロサンジェルスから来日したパロスベルデスバレエ団のプリマ3 人が舞台に色を添えました。

芸術を愛した横山美智子にふさわしい公演となりました。